通販グッズで腰痛対策

看護師のための腰痛対策委員会

効果のある腰痛対策情報

看護師のための腰痛対策委員会

腰痛に効く!対策グッズランキング

日本人の約2800万人が発症し苦しんでいる腰痛。そんな辛い腰痛に効果的な最新の腰痛対策グッズをランキング形式で3つご紹介します。サプリメントから定番のコルセットまで多種多様な腰痛対策グッズです。どの商品もインターネットで簡単に購入することができますので、自分自身にあった腰痛対策グッズを見つけて下さい。腰痛にはいろいろな原因と対策がありますので病院に行き、腰痛の原因を明確にしてから、腰痛対策グッズを購入されることをお勧めします。

腰痛に効く!対策グッズランキング

3位:椅子用馬具マット

デスクワーク、タクシードライバー、トラックドライバー等、職業柄長時間座ったままの人は沢山います。こういったことからも現代人は椅子に座る時間が長くなっていると言えます。椅子に座っていると、どうしても背もたれに寄りかかる姿勢になりますが、これも腰痛になる原因の1つです。では、どのような姿勢が正しい姿勢なのかというと、実は乗馬の姿勢が正しい姿勢なのです。そこで紹介するのが、椅子用馬具マットです。
この椅子用馬具マットを椅子に置いて座っていただくと、マットの坐骨ポケットにすっぽりとお尻が収まり自然に乗馬の姿勢になります。置いて座るだけのとても簡単な腰痛対策製品。 軽いので持ち運びも簡単です。

椅子用馬具マット リコメン堂
http://item.rakuten.co.jp/rcmdse/dm-00701935/

2位:バイオメカコルセット

腰痛対策グッズと言えばコルセットを思い浮かべる方も少なくないでしょう。コルセットで動作を制限することは腰痛対策にとても有効的です。ですが、動きにくいとか苦しいと思う方も多いはずです。また長期間、コルセットを使用していると腰や腹筋、背筋の筋力が弱くなり逆効果になる場合もあります。
バイオメカコルセットはそんなコルセットのデメリットを改善した最新の腰痛対策コルセットです。腰を安定させながらスムーズな動きができるように工夫されており、締め付け感が大幅に軽減されています。バイオメカコルセットなら付けていても簡単に動き回ることができますし、食事も楽しめます。最新の生体力学に基づいて開発された、腰痛対策コルセットバイオメカコルセット。今までコルセットに不快感を抱いていた方にお勧めです

バイオメカコルセット TV-HIT
http://item.rakuten.co.jp/tv-hit/0967/

1位:NAGコラーゲンゼリー

腰痛原因の1つは椎間板や椎間関節のうるおい成分が減少することによって腹筋、背筋に大きな負担が発生していることです。このことから、うるおい成分を回復し弾力性や潤滑性を回復することが腰痛対策の最新対処方になると考えました。この腰痛対策サプリメントNAGコラーゲンゼリーは、天然型N-アセチルグルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンのうるおい保持成分で椎間板や椎間関節のうるおいを補います。飲むだけの簡単腰痛対策サプリメントNAGコラーゲンゼリーは忙しい方にお勧めです。

NAGコラーゲンゼリー  プラスワン・テクノロジー
http://item.rakuten.co.jp/plus1shop/nag/#nag

PICK UPまとめ

  • 日常生活でできる腰痛の予防対策
  • 癒しの効果で予防する
    ストレスにより腰痛を発症する人もいます。現代社会はストレス社会と言われるくらいストレスが蔓延していて、それが様々な不調の原因となっています。、もし、ストレスがなければ体が軽くなり、心も軽くなります。心が軽くなるとフットワークも軽くなるので外出する機会も増えてストレス解消へと好循環になるでしょう。アロマを焚く、リラックス空間で睡眠をしっかりとる、ストレッチやヨガで心身を健康に保つなど、癒し効果でストレスを解消し腰痛も予防しましょう。
  • 看護師さんのための腰痛情報
  • 病院の仕事は腰痛になりやすい?
    看護師の仕事は8割が中腰で行うと言われています。仕事内容としては、患者さんの移動介助、入浴介助、排便介助などがありますが、どれも関節への負担が大きいため腰痛の発症率は高くなります。高齢化社会になり高齢患者さんが増加したことも原因としてあげられます。また、仕事上ストレスも多く、夜勤などの変則勤務によって生活のリズムが不規則になってしまい自律神経のバランスが乱れやすくなり腰痛になってしまう人もいます。
  • まずは腰痛について知ろう!
  • 発症しやすい働き盛りの世代
    腰痛の発症率は30~40歳代が最も高いと言われています。その原因は、働き盛りという事もあり無理をして体への負担が大きいからとされています。働き盛りの人の職場での腰痛原因には、長時間座ったままの同じ姿勢や重い荷物の持ち上げ、力仕事、中腰等があげられます。このような姿勢や作業が長時間続くと、腰回りの筋肉や背骨、椎間板に負担がかかり腰痛を発症してしまうのです。30~40歳で最も多い症例は椎間板ヘルニアです。

PAGE TOP

Copyright © 2015 看護師のための腰痛対策委員会 All Rights Reserved.