看護師のための腰痛対策委員会サイトポリシー

看護師のための腰痛対策委員会

効果のある腰痛対策情報

看護師のための腰痛対策委員会

免責事項・個人情報保護方針

当サイトを閲覧いただく方への告知内容を記載しております。免責事項、個人情報保護方針、無断引用と無断転載等の禁止をご確認いただいて、ご同意を頂いた場合のみご利用下さい。

免責事項・個人情報保護方針

免責事項

・当サイトの掲載情報、コンテンツおよび提供サービスの内容は、予告なしに変更され、中断もしくは中止されることもあります。ユーザーによる当サイトの使用について、その請求原因の如何を問わず、一切の責任を負いません。また、当サイトからリンクなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。

個人情報保護方針

・当サイトでは、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、その重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。
・当サイトでは、お客様の個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティの維持・管理体制の整備等の安全対策を実施し、個人情報の厳重な管理を行ないます。
・当サイトでは、お名前、メールアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合があります。これら個人情報はご提供頂く際の目的以外で、利用いたしません。お客様からお預かりした個人情報は、当社からの連絡、業務の案内、質問に対する回答として、メールや資料の送付に利用させて頂くことがあります。
・当サイトは、お客様からお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示することはありません。
1.お客様の同意がある場合
2.お客様が希望されるサービスを受けるために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
3.法令に基づき開示する場合
・当サイトでは、収集する個人情報、利用目的、その他プライバシーポリシーの変更を行う際は、該当ページの変更をもって公表させて頂きます。
・当サイトでは、個人情報の正確性及び安全性確保の為、セキュリティに万全の対策を講じています。
お客様がご本人様情報の照会・修正・削除などを希望される場合には、ご本人様であることを確認の上、対応させていただきます。
・当サイトは、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守し、本ポリシーの内容を適宜見直すことで改善に努めます。

無断引用・無断転載等の禁止

・当サイトに掲載されている個々の文書、写真、イラスト、ロゴ、動画、デザイン等に関する著作権その他の権利は、当サイトまたは原著作者その他の権利者に帰属します。
お問い合わせ先:lowbackpain_nurses@outlook.jp

PICK UPまとめ

  • 日常生活でできる腰痛の予防対策
  • 癒しの効果で予防する
    ストレスにより腰痛を発症する人もいます。現代社会はストレス社会と言われるくらいストレスが蔓延していて、それが様々な不調の原因となっています。、もし、ストレスがなければ体が軽くなり、心も軽くなります。心が軽くなるとフットワークも軽くなるので外出する機会も増えてストレス解消へと好循環になるでしょう。アロマを焚く、リラックス空間で睡眠をしっかりとる、ストレッチやヨガで心身を健康に保つなど、癒し効果でストレスを解消し腰痛も予防しましょう。
  • 看護師さんのための腰痛情報
  • 病院の仕事は腰痛になりやすい?
    看護師の仕事は8割が中腰で行うと言われています。仕事内容としては、患者さんの移動介助、入浴介助、排便介助などがありますが、どれも関節への負担が大きいため腰痛の発症率は高くなります。高齢化社会になり高齢患者さんが増加したことも原因としてあげられます。また、仕事上ストレスも多く、夜勤などの変則勤務によって生活のリズムが不規則になってしまい自律神経のバランスが乱れやすくなり腰痛になってしまう人もいます。
  • まずは腰痛について知ろう!
  • 発症しやすい働き盛りの世代
    腰痛の発症率は30~40歳代が最も高いと言われています。その原因は、働き盛りという事もあり無理をして体への負担が大きいからとされています。働き盛りの人の職場での腰痛原因には、長時間座ったままの同じ姿勢や重い荷物の持ち上げ、力仕事、中腰等があげられます。このような姿勢や作業が長時間続くと、腰回りの筋肉や背骨、椎間板に負担がかかり腰痛を発症してしまうのです。30~40歳で最も多い症例は椎間板ヘルニアです。

PAGE TOP

Copyright © 2015 看護師のための腰痛対策委員会 All Rights Reserved.