腰痛も美容もまとめて紹介

看護師のための腰痛対策委員会

効果のある腰痛対策情報

看護師のための腰痛対策委員会

美容も気になる人にオススメ記事

美容も気になる人にオススメ記事

運動不足や肥満、ストレスから腰痛を発症する人もいます。筋肉の低下を防ぐ為にも適度な運動をしましょう。また姿勢が悪いと腰への負担が大きくなります。背骨が自然なS字で、両足に均等に体重がかかっている美しい姿勢を日頃から意識しましょう。看護師をしている女性であれば、患者さんへの言葉遣いや接遇などについて考えることもあると思います。また、それと同じくらい恋愛や美容などプライベートについて考える人も多いと思います。そんなどちらも気になる人に、とっておきのキュレーションサイトを紹介しています。

  • オススメのキュレーションサイト

    最近では、インターネット上にキュレーションサイトが沢山存在しています。キュレーションの意味は、インターネット上の情報を収集しまとめることです。看護師と言えば一昔前には、白衣の天使と呼ばれていたように女性が圧倒的に多い職業です。そんな看護師の女性をターゲットにしたキュレーションサイトが「ナースときどき女子」というサイトです。旅行、恋愛、美容などプライベートな情報から、患者さんへの接遇、先輩との言葉遣い、キャリアアップに関する仕事上の情報まで看護師が入手したい情報が沢山掲載されています。
  • 生活習慣を見直して予防を

    日常生活の中で注意しなければならない腰痛になる原因は、運動不足、肥満、ストレスが上げられます。ある調査結果では、腰痛患者の約9割は運動不足からくる筋力の低下が原因で腰痛を発症していると言われています。腹筋と背筋のバランスが悪かったり、無理な姿勢をすると、椎間板ヘルニアなどの重い腰痛を発症することもあります。日頃運動不足の人ほど、肥満解消、ストレス解消の為に意識して体を動かすことが大切です。結局はそれが腰痛予防にもなるのです。
  • 若々しい立ち姿勢を保とう

    悪い姿勢というのは腰に負担をかけるので、腰痛の原因となります。立ち姿勢で、猫背、下腹がでているというのは悪い姿勢です。腰に負担がかかりにくい正しい姿勢というのは、背骨が自然なS字になっていて、左右両足に均等に体重がかかっている状態です。立つ時でも座る時でも、猫背や体重がどちらかに偏っていないかなど意識する事で腰への負担を減らすことができ腰痛予防にもなります。また、仕事などで長い時間立っていなければならないときは、足元に少し高さのある物を置き、疲れている方の足をのせると、足腰が楽になります。

PICK UPまとめ

  • 日常生活でできる腰痛の予防対策
  • 癒しの効果で予防する
    ストレスにより腰痛を発症する人もいます。現代社会はストレス社会と言われるくらいストレスが蔓延していて、それが様々な不調の原因となっています。、もし、ストレスがなければ体が軽くなり、心も軽くなります。心が軽くなるとフットワークも軽くなるので外出する機会も増えてストレス解消へと好循環になるでしょう。アロマを焚く、リラックス空間で睡眠をしっかりとる、ストレッチやヨガで心身を健康に保つなど、癒し効果でストレスを解消し腰痛も予防しましょう。
  • 看護師さんのための腰痛情報
  • 病院の仕事は腰痛になりやすい?
    看護師の仕事は8割が中腰で行うと言われています。仕事内容としては、患者さんの移動介助、入浴介助、排便介助などがありますが、どれも関節への負担が大きいため腰痛の発症率は高くなります。高齢化社会になり高齢患者さんが増加したことも原因としてあげられます。また、仕事上ストレスも多く、夜勤などの変則勤務によって生活のリズムが不規則になってしまい自律神経のバランスが乱れやすくなり腰痛になってしまう人もいます。
  • まずは腰痛について知ろう!
  • 発症しやすい働き盛りの世代
    腰痛の発症率は30~40歳代が最も高いと言われています。その原因は、働き盛りという事もあり無理をして体への負担が大きいからとされています。働き盛りの人の職場での腰痛原因には、長時間座ったままの同じ姿勢や重い荷物の持ち上げ、力仕事、中腰等があげられます。このような姿勢や作業が長時間続くと、腰回りの筋肉や背骨、椎間板に負担がかかり腰痛を発症してしまうのです。30~40歳で最も多い症例は椎間板ヘルニアです。

PAGE TOP

Copyright © 2015 看護師のための腰痛対策委員会 All Rights Reserved.