腰痛の雑学特集

看護師のための腰痛対策委員会

効果のある腰痛対策情報

看護師のための腰痛対策委員会

誰かに話したくなる腰痛雑学

誰かに話したくなる腰痛雑学

人間の宿命とまで言われる腰痛。腰痛の原因には、運動不足、肥満、ストレスなどいろいろなものがあります。さらに、年齢を重ねると筋肉は弱ってきます。これは腰回りの筋肉も同様で、30歳代から筋肉の老化は始まります。そこで筋肉強化のためには、複合炭水化物と言われるパワーフードを食べる事が大切になってきます。また腰痛の影には、もっと大きな病気が潜んでいることもありますので、ここで正しい腰痛の知識を学び、予防にも役立てていきましょう。

  • なぜ腰痛になるのか?

    4本足で行動する動物の場合には、体重は4点に分散されていますが、人は2本足で歩き行動しているため2本足の垂直方向2点に体重がかかります。これにより、上半身を支える腰の骨や筋肉には相当な負担がかかりやすくなっているのです。腰痛は二足歩行の宿命とまで言われるほどです。腰痛には、運動不足、ストレス、姿勢など沢山の原因がありますが、腰回りの筋肉は30歳代から老化が始まるので運動不足で姿勢が悪くなるというような悪循環に陥ると腰痛の発症率は高くなります。
  • 危険!長引く場合は病気かも

    腰痛が職業病とまで言われるのが看護師です。看護師以外にもデスクワーク、タクシードライバー等、長時間同じ姿勢でいる職業の方も同様です。職業病とまで言われると腰痛がもはや日常的に発症しているので治療することを諦めている人も少なくありません。ですが、職業病と思っている腰痛の影でもっと大きな病気が進行している可能性もあるのです。代表的なものとしては、多発性骨髄腫、椎間板ヘルニア等が上げられます。特に、足のしびれや発熱が見られる方は注意が必要です。
  • 1日5食が腰に良い

    食生活で腰痛が改善できると聞くと多くの方が驚きます。腰痛は同じ姿勢で長時間いることなどで、腰回りの筋肉が弱ってきて発症することもありますので、この筋肉を強化してあげることで腰痛を予防することができます。筋肉を強化するためには、パワーフードと言われる複合炭水化物で適正な栄養をとることが重要です。小さい頃から規則正しく1日3食とると教えてこられた人が多いと思いますが、1食の量を少なくして1日の食事を5食にすると筋肉を強くすることができます。それは、5食にすることで筋肉が継続的にエネルギーを得ることができるからです。

PICK UPまとめ

  • 日常生活でできる腰痛の予防対策
  • 癒しの効果で予防する
    ストレスにより腰痛を発症する人もいます。現代社会はストレス社会と言われるくらいストレスが蔓延していて、それが様々な不調の原因となっています。、もし、ストレスがなければ体が軽くなり、心も軽くなります。心が軽くなるとフットワークも軽くなるので外出する機会も増えてストレス解消へと好循環になるでしょう。アロマを焚く、リラックス空間で睡眠をしっかりとる、ストレッチやヨガで心身を健康に保つなど、癒し効果でストレスを解消し腰痛も予防しましょう。
  • 看護師さんのための腰痛情報
  • 病院の仕事は腰痛になりやすい?
    看護師の仕事は8割が中腰で行うと言われています。仕事内容としては、患者さんの移動介助、入浴介助、排便介助などがありますが、どれも関節への負担が大きいため腰痛の発症率は高くなります。高齢化社会になり高齢患者さんが増加したことも原因としてあげられます。また、仕事上ストレスも多く、夜勤などの変則勤務によって生活のリズムが不規則になってしまい自律神経のバランスが乱れやすくなり腰痛になってしまう人もいます。
  • まずは腰痛について知ろう!
  • 発症しやすい働き盛りの世代
    腰痛の発症率は30~40歳代が最も高いと言われています。その原因は、働き盛りという事もあり無理をして体への負担が大きいからとされています。働き盛りの人の職場での腰痛原因には、長時間座ったままの同じ姿勢や重い荷物の持ち上げ、力仕事、中腰等があげられます。このような姿勢や作業が長時間続くと、腰回りの筋肉や背骨、椎間板に負担がかかり腰痛を発症してしまうのです。30~40歳で最も多い症例は椎間板ヘルニアです。

PAGE TOP

Copyright © 2015 看護師のための腰痛対策委員会 All Rights Reserved.